EPA、介護福祉士に外国人82人 合格率最高の50%


 

EPA、介護福祉士に外国人82人 合格率最高の50%

By 朝日新聞 DIGIATAL

 

(T)今後も、介護業界に、外国人労働者を誘致する動きは、増加し続けるだろうな。

【抜粋】厚生労働省は28日、経済連携協定(EPA)に基づいて来日した外国人82人が今年度の介護福祉士の国家試験に合格したと発表した。受験者数は161人で、合格率は50・9%。前年度より6・1ポイント増え、EPAによる外国人の受験が始まった2011年度以来、最も高かった。

合格者の内訳はインドネシア人が48人、フィリピン人が34人。日本人を含む全体の合格率は57・9%だった。EPAでの受け入れは08年度に始まった。これまでに両国とベトナムから2千人超が来日し、合格者は累計で402人になった。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *