All posts by kumoshun

【挨拶】謹賀新年+2017年の本ベスト10

 

2018年、あけましておめでとうございます!

この年末年始は、2007年、今の会社に参画して以来、10年ぶりに、日本で年越しを迎えました。年末は、実家の大掃除を手伝い、生まれたばかりの頃から、実家を出る大学卒業時までの写真や手記を見て、自分の半生を振り返っておりました。

昨年は、様々な契機があったため、今まで以上に、死を意識し続けた時間を過ごし、改めて一度きりの人生、悔いの無いように生きたいと考えながら、仕込み続けた種が、芽を出し始めた一年となりました。知人、友人、社員、同僚、心の底から「おかげさま」と思える出来事が沢山ありました。

友達の誘いなくして挑戦できませんでしたw
おかげさまで、人生2度目のトライアスロン。

 

 

#triatlon

lovehope1203さん(@lovehope1203)がシェアした投稿 –

 

MOOCs(Massive Open Online Courses)にチャレンジ。2016年までは英語そのものを勉強することで必死でしたが、2017年は「英語で学ぶ」に切り替えられました。

ウォルトン大学のゲーミフィケーション講座や、イリノイ大学のデジタルマーケティング講座、を受講。

 

人生初のサソリ食いw

 

Now. #scorpion #サソリデビュー

lovehope1203さん(@lovehope1203)がシェアした投稿 –

※その他、芋虫の生き食いとか、ハリネズミの焼き肉とか、意外は意外、めちゃくちゃ珍味で、世の中、まだまだ知らないものだらけだと感動しました。

 

そして、この秋頃より、10年ぶりに、日本は福岡をメイン拠点にし始めました。2018年は、しばらくの間、こちらを拠点に、色々と仕込んでいく予定です。

 

 

さて、2018年の抱負としましては、
『夢と算盤を手に、Gの世界とLの世界を、エンタメ化しながら生きる』
一年にしたいと考えています。昨今、歴史的転換点(第4次産業革命、評判経済、超高齢化社会など)が、同時多発的に勃興する中、傍観者としてではなく当事者として、その変節点の内側から、公共性の高い志を抱きながらも、投資家視点を持ち、面白おかしく行動していきたいと思っております。

経営共創基盤CEO 冨山和彦さんが提唱するGの世界とLの世界。グローバル経済圏とローカル経済圏を意識的に区分けし、全く別物と捉えつつも、僕は、この両方の世界でチャレンジしていきたいです。異なる経済圏にありながらも、活かし合える、相乗効果を生み出し合えるような、課題解決し得るアプローチを模索していきたいと思っています。

グローバルに起こっている、指数関数的な変化を続けるテクノロジーをキャッチアップして、それらを活かす機会を探り続けていくこと、例えば、量子コンピュータ、人工知能などによるシンギュラリティ的な社会を見越し、より生身感のある、人間らしいプロダクトやサービスを創ること没頭したいと考えています。

加えて、ソーシャルメディアを源流とする評価経済、ブロックチェーンからのトークンエコノミーによるポスト資本主義、非中央集権の加速化する波に乗って、個々人の選択の幅を広げ、個人のエンパワーメントに貢献していくことにも、とても興味があります。

かたやローカルで起こっていることに目を向けると、都市化および地方の空洞化が進み、また人類史でも稀に見る超高齢化社会を迎えている中、例えば、日本政府が推進する地方創生を御旗に、老若男女、互いの幸福度向上に、貢献し合える生態系を創っていきたいと考えています。急増する高齢者が、会社を退職した後にも、家と会社以外のコミュニティを持ち、何らかの生きがいを持ってもらうことで孤独を無くし、健康寿命を伸ばしていけたらおもしろいですね。

そして、最後に、自分の人生を、自分自身が、おもいっきり楽しみたいという当たり前の大前提を、発信しながら生きていきたいと考えるに至りました。他人様のため、社会のため、というような「志」は、時に、厚かましく、しらけムードを創りがちですが、そもそも論、自分が楽しいからやっているだけ、ようするに、自分が満足するために、やりたいことをやっているだけ、ということです。

自分の人生を振り返ると、中高時代に、漫才やコントに目覚め、人に笑って頂くことで、自分が何より興奮していたんですね。原理は変わらないな、と。他人様に喜んで頂けることに夢中になっていることが、何より最高に楽しいという、自分事なんです。はい、というわけで、現代ニッポンは、なんとも堅苦しい空気が漂っておりまして、出る杭は打たれがちでございますが、臆さず、ユーモラスに、チャレンジし続けていきたいと思います。

以上、長くなりましたが、我が国、ニッポンにおきましては、30年続いた平成時代の幕が閉じるという記念すべき年となります。改めて、傍観者としてではなく、自分のため、自分たちのために、当事者意識をもって、激動の時代を過ごしていきます。2018年、皆様にとって、昨日より今日、今日より明日、公私物心ともに豊かな日々を送れますよう、お祈り申し上げます。

昨年に引き続き今年もよろしくお願いいたします。

では、2017年のお気に入り本ベスト10です!
※2016年のベスト本はこちらから。

 

10位、大いなる革命の時期を目覚めて生きること~ロボットの脅威--人の仕事がなくなる日~

この手の書籍は、往々にして、悲観論と楽観論、両方をバランスさせながら、最終的には、「希望を創るのは私たちです」みたいな終わり方をすることが多い。本書も、その1つなのだが、それにしても、世間とか社会みたいな広い範囲で物事を受け止めてみると、この人類史上経験のない速度で変化する時代の狭間で、もがき苦しむ人たちの方が圧倒的に多いのではないだろうかと、考えさせられてしまう。

 

9位、自ら運命を切り拓くために。~ザ・セカンド・マシン・エイジ~

” セカンド・マシン・エイジには、何をほんとうに欲するのか、何に価値を置くかについて、個人としても社会としても深く考えることが求められる。私たちの世代は、世界を大きく変える可能性を受け継いだ。熟考と配慮の末に選択を行うなら、未来は希望を持てるものになるだろう。運命を決めるのはテクノロジーではない、私たちだ。 ”

 

8位、時代の中で自分らしく生きる~超AI時代の生存戦略~

””全世界の他のすべての人と比べて「自分らしい」というのと、あるコミュニティの中で「自分らしい」というのを比べると、後者のほうはすぐに実現可能だから、人はコミュニティに逃げ込みやすい。一度枠でくくってしまえば、おのずと特徴が出てくるからだ。つまり、何者かになろうとすることが善であるような考え方に支えられた人間性を持ち続ける必要はない。””

 

7位、激動の時代だからこそ、多動性は腹の括り方で大きなチカラになる。~多動力、堀江貴文~

”AIやロボットが人間の仕事を代替するようになったときこそ、「一番最初に手を挙げるバカ」の存在は輝きを増す。アルゴリズムや常識からかけ離れたクレイジーな発想から、爆発的におもしろい仕事が始まる。 「あいつはいつも一番に手を挙げる」と呆れられるほどのバカになろう。”

 

 

6位、意識的に激し過ぎる波に乗って流されてみる。~デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語~

あらゆる分野に精通し続けることは難しいかもしれないが、意識的に、この激しい潮流に、乗ってみて、流されてみて、と、自分の経験値にしていきたい。非脆弱性を育て上げていくことを楽しんでいこう

 

5位、テクノロジーは人類をより幸せに出来る~ウェルビーイングの設計論 ―人がよりよく生きるための情報技術~

”今日のテクノロジー・デザインにおいて、あらゆるタイプの内発的・外発的動機づけが最も明確な形で実装されているものはゲームであり、ゲームの構造をゲームでない場面に応用すること、つまり、「ゲーム化(gamification)」が行われている。情報技術や研究に関する顧問会社であるガートナーは、「2014年までに50%以上の組織が、イノベーションの過程をゲーム化しているだろう」との見解を発表した。ゲーム化は、内発的動機づけを損なうこともあるだろうが、それと同時に、本来はつまらない課題に「楽しみ」の動機づけを加える効果的な方法として、多くの用途で使用される可能性がある。また、能力の成長を教えてくれるフィードバックとしても機能するかもしれない。”

 

4位、報酬体系の多様化とポスト資本主義~お金2.0 新しい経済のルールと生き方~

”ネットが十分に普及した世界では、「どれが一番正しいのか?」という考え方ではなく「どれも正しい、人によって正解は違う」という考え方が徐々に受け入れられても良いはずです。1つに統一しなければいけないというのは、レイヤー化された世界が技術的にありえなかった過去の時代の考えです。  つまり、私たちがどんな職業につき、誰と結婚して、どんな宗教を信じ、どんな政治思想を持つのも個人の自由であるのと同様に、何に価値を感じて、どんな資産を蓄え、どんな経済システムの中で生きていくのかも自分で選んで自分で決められるようになっていく。私たちはその過程にあります。  そこでは優劣を決めようとしたり自分の基準を他人に押し付ける必要は全くなく、ただ個人が自分に最も適した経済を選んでいくという「選択」があるだけです。”

 

3位、未来は変えられる。運命なんてものはない。自ら作り上げるものだ。~AI時代の勝者と敗者~

「人間らしさ」を追求するだけでなく「機械らしさ」を学び、実際に協力方法を模索し、実践していくことで、次の2~3年後には、「ああ、あの当時(2~3年前)、あのような決意をし、学び続け、行動し続けられたおかげで、いくつも仕込み、いくつもの果実を手に入れることが出来ている」そのように発言できるようありたい。

 

2位、理想と現実の狭間~AI革命前夜と経営者の視座~

”” しょせん当たらない予測に時間とカネを使うことよりも、予測不可能なイノベーションがもたらす変化に迅速かつ鮮烈に対応できる組織能力、経営能力、すなわちWhen、How、Whoに関わるもっと根源的な戦闘能力を高めておくことのほうが、革命期においては重要な意味を持つ。あなたの企業、そしてあなた自身は、十分な戦闘能力を備えているのか。””

 

 

1位、未知に対応するチカラ、反脆弱性という気質。

圧倒的ナンバーワン書籍でした。人生観を揺すぶられた本に出会えて最高です。

『物事を理解してから行動しようと考えていては、いつまでたっても何も成し遂げることが出来ない。考えるよりも行動する方が得意だと自負するためにも、この反脆弱性という性質、気質を身に着けていきたい!』

 

 

報酬体系の多様化とポスト資本主義~お金2.0 新しい経済のルールと生き方~

 

社会や歴史の授業で、数千年とか、数百年の単位で、なんちゃら革命が起きたというようなことを学んできたけれど、今まさに、今こそ、そういう教科書に載ってしまうような革命の、ど真ん中に居るのだろうな、と感じることがある。

 

そして、それは、テクノロジーの流れ、すなわち、IT革命や、AI革命という文脈で語られるものだと、ずっと考えていたのだけど、そういうコンテキストではなく「経済のルール」が変わるという新たな潮流が生まれていることを、身近に感じるようになって来た。

 

 

本書の著者である佐藤航陽さんは、この本に書かれているような内容を、かなり前から語ったおられた。2年前に出版された「未来に先回りする思考法」にも、以下のように書かれている。

 

”「これから私たちの社会がどう変化していくのか」は、現在の社会をどれだけ真剣に眺めていてもわかりません。巷にあふれる未来予測本を読んでも、おそらくわかることはないでしょう。ニューヨーク・タイムズの例を挙げるまでもなく、私たちはいつも未来を予測し、そして外し続けてきました。人は未来を見誤るというのも、私たちが持つパターンのひとつです。 また、「何十年後にこうなる」という未来予測の結論のみを知ったところで、そこに至るまでのプロセスがわからなければ、一切応用が利きません。   しかし、もしも社会が進化するパターンを見抜いていれば、状況が変わっても未来を見通すことが可能になります。そのための汎用的な思考体系をお伝えするのが本書のテーマです。”

 

このような問いを持ち、およそ2年間、思考、実践を繰り返され、上梓なされた「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」について、佐藤さんは、『このような思索については、数年来、構想してきたものだが、ようやく時代が追いついてきたので、出すことを決めた』というようなことを仰っていました。事実、佐藤さんのブログには、今年、大衆にも分かりやすい形で台頭してきた新たなパラダイムを、前もって言い当てているエントリーが、多数並んでいます。

 

佐藤航陽のブログ
http://katsuaki.co

 

例えば、2014年7月7日 に投稿されているエントリーで、すでに、「価値主義」を提唱なさっておられました。

 

ポスト資本主義社会を考えてみた:『価値主義』と『情報経済』

 

”情報技術の普及と共に「お金」を中心とした資本主義から貨幣換算が難しい「価値」を中心とした社会に移りつつあるとすれば、これをとりあえず「価値主義」とでも呼んでおくことにします(安易なネーミングw)。”

 

僕が、面白いと思う佐藤さんの考察の中で、経済の構造を、自然の構造と仮説し、掘り下げている箇所があります。

 

”経済が自然を模した仕組みでありその一部であると捉えた時、自然の構造をより深く考察してみたくなりました。  自然がここまでバランスよく成り立っている要因としては、前述の「極端な偏り」「不安定性・不確実性」というネットワークの性質に加えて、さらに3つの特徴があげられます。”

 

僕は、タレブが提唱する「反脆弱性」に没頭しているせいか、この考察に、とても惹かれました。

 

”「絶えずエネルギーが流れるような環境にあり、相互作用を持つ動的なネットワークは、代謝をしながら自動的に秩序を形成して、情報を内部に記憶することでその秩序をより強固なものにする」”

 

本書で述べられている価値主義に則れば、これから、どのような志向性を持つことが、生きやすいのか?という問いについて、一定の示唆を得ることが出来ると思いますが、僕が言うには、改めて、「反脆弱性」を意識し、身につけていくことが肝要なのだと思うに至りました。

 

 

”ネットが十分に普及した世界では、「どれが一番正しいのか?」という考え方ではなく「どれも正しい、人によって正解は違う」という考え方が徐々に受け入れられても良いはずです。1つに統一しなければいけないというのは、レイヤー化された世界が技術的にありえなかった過去の時代の考えです。  つまり、私たちがどんな職業につき、誰と結婚して、どんな宗教を信じ、どんな政治思想を持つのも個人の自由であるのと同様に、何に価値を感じて、どんな資産を蓄え、どんな経済システムの中で生きていくのかも自分で選んで自分で決められるようになっていく。私たちはその過程にあります。  そこでは優劣を決めようとしたり自分の基準を他人に押し付ける必要は全くなく、ただ個人が自分に最も適した経済を選んでいくという「選択」があるだけです。”

 

自分が、経済を選べる存在なのだ、と認識できたとしても、「反脆弱性」を身につけることが出来ているかどうかによって、自己選択したパラダイムの中で、より幸福感を得やすいかどうかが決まるのではないかと思うのです。

 

これは、今の僕が、言語化できる範囲で、とても便利な表現であると認識しているからなのですが、僕にとっては、以下のような習慣を持つことこそ、「反脆さ」を創り上げる最上の方法なのではないかと考えます。

 

”何かの疑問が浮かんだら、それに関する情報をかき集めて読み漁り、自分なりの仮説を立てて、試してみる。そうすると次の疑問が浮かんできて、同じようなことを毎週繰り返していく。休日に情報を整理し仮説を組み立てて、平日は実務を回しながら検証を行い、また休日には平日に得た結果を元に次の疑問と次の仮説に繫げていく。 ”

 

”掘り進めていくと何か重要なものが隠れているような感触がありますし、皮を剝いては玉ねぎの芯に近づいているような気分でもあります。根気よく続けていくと、たまに非常に重要な法則性が見つかったり、全く関係ないように見えていた様々なものに普遍性があったり、自分の偏見や常識が覆る場面に遭遇します。そんな気づきを得られた瞬間は毎回とても衝撃的です。自分が世界の真実に直に触れたような感覚になり、そこで得た気づきをすぐに試してみたくなったり、そこから派生する別の疑問が湧いてきたりと、まさに本書でも紹介したように快楽物質がドバドバと分泌されている状態です。  その体験を通して得られる刺激が大きすぎて、それに比べると日常生活で感じる快楽は非常に色褪せた退屈なもののように映ってしまっていました。これがこのような生活に没頭し続けていた理由です。”

 

 

 

 

テクノロジーは人類をより幸せに出来る~ウェルビーイングの設計論 ―人がよりよく生きるための情報技術~

 

”人間がよりよく生きるとはどういうことだろうか?
心という数値化できないものを、情報技術はどうやって扱えばよいのだろうか?
本書は、このような問いに答えようとする者に対して、示唆に富んだヒントを与えてくれるだろう。
(「監訳者のことば」より)”

 

 

どういう事業を創りたいのだろう?「したい」ことよりも、「すべき」ことを優先することが多かったし、今でも多いのですが、最近は、使命感を抱きながら、仕事に取り組めることが増えてきたように感じています。

 

もともとポジティブ心理学のような学術領域には興味があって、いくつか書籍を読み込んできましたが、今年、本格的に、福祉業界に関わり始めたことで、IT業界、ゲーム業界で培ってきたことが、もっと人の役に立てる方法があるな、と思うことが増えていました。そのような関心のコンテキストから、この本と巡り会いました。

 

 

 

”動機づけとウェルビーイングは、緻密に混ざりあったものだ。動機づけは、何であれポジティブな行動を取るための基本となるものであり、やる気がないということは気分が落ち込んでいる証でもある。やる気に満ち溢れた人生は、それがない人生よりも豊かであるのは明らかだ。”

 

 

”動機づけとは、何かしらの行動を起こすきっかけである。そしてその行動が、“継続したい”という衝動によって維持されるとき、私たちは「没頭」している状態にあると言える。”

 

動機付け、モチベーション、そのものを目的にすると、陳腐な議論も、ウェルビーイングを実現するために、必要なこととすると、なんだか扱い方が変わるから面白い。

 

”随伴的に報酬を与えること(「これができたら、これがもらえるよ」という形で報酬を与えること)は、それ自体が楽しいはずのものを仕事にしてしまい、内発的動機づけを次第に低下させ、ついには、私たちが動機づけられるために常に報酬が必要となるかもしれない。内発的動機づけは、質の高い学びや、自分の能力の知覚、持続力、創造性、ストレスへの肯定的な対処、そしてウェルビーイングと結びつくものである。それを妨害することは生産的でないだけでなく、巷で言われているように、社会に広がる問題を引き起こす要因ともなりえるのだ。”

 

”今日のテクノロジー・デザインにおいて、あらゆるタイプの内発的・外発的動機づけが最も明確な形で実装されているものはゲームであり、ゲームの構造をゲームでない場面に応用すること、つまり、「ゲーム化(gamification)」が行われている。情報技術や研究に関する顧問会社であるガートナーは、「2014年までに50%以上の組織が、イノベーションの過程をゲーム化しているだろう」との見解を発表した。ゲーム化は、内発的動機づけを損なうこともあるだろうが、それと同時に、本来はつまらない課題に「楽しみ」の動機づけを加える効果的な方法として、多くの用途で使用される可能性がある。また、能力の成長を教えてくれるフィードバックとしても機能するかもしれない。”

 

僕たちは、今、福祉×ITを標榜し、新たな価値を創ろうと向き合っているところですが、ゲームの力を、福祉の現場に持ち込むことで、より良い影響を創ることが出来るということにも、注目し始めていました。

 

旧態依然とした福祉業界においては、支援する側も、支援される側も、みなさんにとっての当たり前が横行していて、新しいことに挑戦しづらい空気があるのですが、IT業界や、ゲーム業界における動機付けやモチベーションの力で、大きな変化を創っていけるのではないかと思っています。

 

”単純に言ってしまえば、固定的マインドセットを持つ人は、自身の能力は生得的な才能に基づくものであり、知性は生まれながらにして与えられたもので、変えることはできないと考え、対照的に成長的マインドセットを持つ人は、自身の能力は時と共に発達し、向上させることができると考える。後者の考えは、神経的可塑性や後生的遺伝学の最近の発見とも合致するものである。このような、私たちが私たち自身をどう捉えるかについての2つの微妙な違いが、行動やウェルビーイングにおいて決定的な違いをもたらすのだ。”

 

 

”自動ケアシステムの開発が増えている。その主な目的は、一人暮しの高齢のユーザーに交流を提供することだ。そのようなエージェントは、心身の健康に関する指導や、認知処理を活性化する活動を提供するかもしれないが、同時に、ユーザーに“社会的サポートを得ている”という感覚を与えることを目的として、多種多様な社会行動に従事させる。社会的サポートを得ているという感覚は、一人暮しの高齢者の死亡率を減少させる重要な要因であることが示されている。ある研究では、孤立した高齢者にこのようなコンパニオン・エージェントを提供すると、一週間後の孤独感が低減することが示された。また、エージェントに対して頻繁に話しかけたユーザーほど孤独を感じにくいこともわかった。”

 

最後に、本書を紹介してながら、議論を掘り下げているコラムを見つけたので、ご紹介。

 

複雑化する社会を良く生きるためにテクノロジーでできること

2017-02-11-1486786543-7978868-DSC02703.jpg

”この本は作り手側の本ですが、作り手だけがウェルビーイングを意識していたら、ウェルビーイングのプロダクトにならない気がするんです。

ユーザー側にとってもウェルビーイングです、となるためには、ユーザー側と作り手側の両方が透明性を確保して、このマップを共有しておく必要があるのではないですか?”

 

かなり読み応えのある論考でした。実社会に導入する、浸透させていく上で、どのような課題があるのか、多角的な視点で考えさせられました。