kumoshun のすべての投稿

身の回りの他人のために身銭を切る~身銭を切れ――「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質~

 

 

 

ここ数年、大きな潮目が来ていると、一部の知識人や前衛的な方々が語る「分権化」の潮流が、このような切り口で解説されることは、痛快でした。

 

“”システムを分権化(もう少し丁寧にいえば局所化) するよりほかに選択肢はない。失敗の代償を背負わなくてすむ意思決定者をなるべく少なくするしかないのだ。 分権化は、ミクロな たわごと よりもマクロな たわごと を言うほうが易しいという単純な事実を背景にして起こる。 分権化は、構造上の巨大な非対称性を和らげる。 ただ、心配はいらない。私たちが分権化や責任の分散を行わなくても、分権化はひとりでに起こる。それも、痛みを伴う形で。身銭を切るという機構が備わっていないシステムは、不均衡が累積していくと、やがて吹っ飛び、分権的な形で自己修復する。””

 

確かに、たしかに、これは自然の摂理のようなものかもしれないですね。

 

“”世界は情報の透明性を重視する方向へと向かっている。それは規制のおかげというよりもむしろ、不法行為法や、売り手にだまされたときに損害賠償を求められる制度のおかげだ。不法行為法は売り手に一定の身銭を切らせる。だからこそ、この法律は企業に忌み嫌われているわけだ。しかし、不法行為法には副作用もある。本来、不法行為法はまっとうな方法、つまり不正の利かない方法で使われるべきなのだが、あとで医師の診察の話で見るように、現実には不正が可能だ。””

 

“”事実、あるメカニズム(より専門的にいえば「バイアスとばらつきのトレードオフ」) によって、〝誤り〟を犯すほうがかえって全体的な結果がよくなることも多い。たとえば、的の中心からわずかに逸れた場所を固め撃ちするようなケースだ(図3を参照)。『反脆弱性』で示したとおり、発見につながるような種類の誤りを犯すのは、誤りの代償がほとんどない場合には、もっとも合理的な行動といえる。たとえば、医学の〝発見〟の大半は付随的なものだ。まったく誤りのない世界では、ペニシリンも、化学療法も、ほとんどの薬剤も、そしておそらく人間さえも生まれないだろう。 だからこそ、私は国家に行動を〝指図〟されるのには反対なのだ。〝間違った〟行動が本当に間違っているかどうかを知っているのは、進化だけだ。もちろん、自然選択が働くよう、私たちが身銭を切っているという条件つきの話だが。””

 

テクノロジーの進歩が、社会を激変させても、宇宙や地球が持つ自然法則に抗い続けることは出来ないという見方は、とても道理的だと思いました。

インターネットが、世界を平等にし、世界の距離を近づけ、僕たちは、より自由に、より幸せに生きることが出来るはずだった気がしますが、、、実際には、富の集中が、グローバル化というもっと目に見える変化と組み合わさって、ポピュリズムが高まって、民主主義が弱体化し、なんとも、格差と一言で語れないのだけど、世の中は、まだまだ問題や課題を抱え続けることになりそうですね。

 

※ファクトフルネス的なアプローチをする(データや事実にもとづき、世界を読み解いていく)なら、意外と、世界はより良くなり続けている、とも言えるのかもですが。

 

””いちばん説得力のある発言とは、本人が何かを失うリスクのある発言、最大限に身銭を切っている発言である。対して、いちばん説得力に欠ける発言とは、本人が目に見える貢献をすることもなく、明らかに(とはいえ無自覚に) 自分の地位を高めようとしている発言である(たとえば、実質的に何も言っておらず、リスクも冒していない大部分の学術論文はその典型例)。 でも、そこまで極端な考え方をする必要はない。見栄を張るのは自然なことだ。人間だもの。中味が見栄を上回っているかぎり、問題はない。人間らしく、もらえるだけもらえばいい。ただし、もらう以上に与えるという条件つきで。 厳密な研究ではあるが同僚たちの意見と食い違う研究、とりわけ、研究者自身が名声への被害や何らかの代償をこうむるリスクのある研究こそ、より重要視するべきだ。””

 

””リスクを負え 最後に、ひとつアドバイスを。ときどき、〝人類の役に立ちたい〟という若者が私のところへやってきて、「そのためにはどうすればいいでしょう?」と訊いてくることがある。彼らは「貧困を減らしたい」「世界を救いたい」といったマクロレベルの立派な夢を持っている。私のアドバイスはこうだ。 (1) 決して善をひけらかすな。 (2) 決してレントシーキングを行うな。 (3) 是が非でも ビジネスを始めよ。リスクを冒し、ビジネスを立ち上げろ。””

 

””リスクを冒すのだ。そして、もしも金持ちになったら(必須ではない)、他人のために惜しみなくお金を使えばいい。社会には、(有限の) リスクを冒す人々が必要だ。ホモ・サピエンスの子孫たちをマクロなもの、抽象的で普遍的な目的、社会にテール・リスクをもたらすような社会工学から遠ざけるために。ビジネスは、経済に大規模でリスキーな変化をもたらすことなく経済活動を行えるので、いいことずくめだ。開発援助業界のような機関も世の中の役に立つかもしれないが、害を及ぼす可能性も同じくらいある(これでも、楽観的に述べている。ほんの一握りの機関を除けば、結局のところ有害だと私は確信している)。 勇気(リスク・テイク) は最高の善だ。世の中には起業家が必要なのだ。””

 

“”身銭を切るという行為は、個人と集団の両方のレベルで、ブラック・スワンのような不確実性の問題を解決するのに役立つ。要するに、今まで生き延びてきたものは、ブラック・スワン的な出来事に対する頑健性を示している。しかし、身銭を切るという行為がなければ、そのようなふるい分けのメカニズムは働かない。身銭を切らなければ、「時の知性」((1)時は脆いものを排除し、頑健なものを生き長らえさせる、(2)脆くないものの余命は時がたつごとに長くなっていく、という性質を持つ) は働かない。思想は間接的に身銭を切っているし、その思想を抱く人々も同じく身銭を切っている。””

 

友人、知人、自分が属する共同体など、少しずつ身の回りの他人のために身銭を切れる人間になりたいと思わされました。

 

“”名誉ある行動には、もうひとつ別の次元がある。ただ身銭を切るのではなく、別の誰かのために身銭を切る、つまり他人のために自らリスクを負うケースだ。つまり、集団のために何か大きなものを犠牲にするわけだ。””

 

 

 

仕事を通じてフロー体験を創造し成果に繋げていく ~超人の秘密 エクストリームスポーツとフロー体験~

 

 

2019年は、アイアンマンにチャレンジして、フロー状態に入ることが、本当に多かったけれど、その体験から、仕事を通じフローに入る方法について、興味を持ち始められたことが、最高の収穫の1つだと思っている。

 

“”世界的なリーダーたちも、フローの効果を高く評価している。フォーチュン500に選ばれるような有名企業の最高経営責任者(CEO)たちは、企業理念の重要な要素としてフローを取り入れている。一方、心理学者たちの見解では以前から、「 生活 の 質」の観点からみて、日常生活でフロー状態になる機会が最も多い人々が、地球上でいちばん幸せな人とされている。””

 

フローに入っている時は、とても心地が良くて、なんとも幸福度が高い。僕は、エクストリームスポーツの選手でもないし、身体の危険を犯してまで、フロー状態に入るのは気が進まないけれど、日常的に、それらしい状態に入ることは出来ると考えている。

 

そこで、2020年チャレンジしてみたいことの1つが、仕事を通じて、いかにフロー状態を創り出すことである。

 

自分自身が体現することは勿論、会社やチームに対しても、そのような環境を作り出すことによって、パフォーマンスを最大化させていくことで、成果を出していきたい。

 

“”刺激を求めるタイプの人がフローの道に飛び込んでしまえば、成功のために満足を先送りしなくてもよくなる――満足が成功への道になるのだ。「大好きなことをやっているんだ」とマッコンキーは語った。「それに、いつでも自分のしたいことをしていれば、幸せになれる。別の何かをしたいと思いながら毎日働いているわけじゃない。毎日、朝起きて、仕事に行くときには、わくわくする。悪くない気分だよ」””

 

 

“”つまり、そこまで苦しむことはない、ということだ。情熱と遊びがパフォーマンスを高め、可能性を広げるための入り口になるなら、もう自分自身を疑う必要はない。自分の快楽的な衝動と、自発的な喜びの瞬間を利用すれば、習熟レベルへの近道になるのだから。””

 

 

 

 

自律分散型組織の先駆け~心理学的経営 個をあるがままに生かす~

 

 

1993年に出版、その後入手困難な書籍として、伝説の経営書と言われていた『心理学的経営』がKindle版で。

 

僕は、こんな大切な考え方を知らずに、会社を経営していたのかと、自分の無知に失望し、同時に希望を持たせて貰った。知らないこと、実践できていないことが山程ある。本書にも書かれているが、積極的にアンラーニングしながら、日々是新に生きていこうと考えさせられました。

 

“”こう考えてくると、結局心理学的経営の目指すところは、人間をあるがままにとらえるところから出発して、人間を大事にする経営ということになろう。では人間を大事にするというのはどういうことかと考えると、つまりは、一人ひとりの人間を尊重するということ、すなわち「個性」を尊重するという考えにたどりつく。 “”

 

“”自らも仮面をとり、相手の仮面も剝ぎとる、あえて相手の心のなかに踏み込んでいく人間関係の深い絆を体験するには、乗り越えなければならない何かがある。そのとき、相手を傷つけることも、あるいは自分が傷つくこともあるだろう。他者への真の思いやりとは何だろうか。自己との耐えがたい葛藤を乗り越えたところに真の自己受容があるのだろうか。””

 

何度も読み返したい名著ですね。

 

 

 

限界を突破させ続ける仕組み~Measure What Matters(メジャー・ホワット・マターズ) 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR~

 

 

 

2019年は、新たな体制や方針によって、複数の事業やチームを担当することになって、何か、マネジメントの型みたいなものを、改めて学び続けてきたという背景がある。

 

OKRについては、今までも、何度も見聞きしてきたし、自分でも試してきたが、なかなかどうして、継続することが出来なかったのだが、2019年の暮れに、改めて関心をもって、学び直し、実践してきた。

 

2019年を振り返ると、アイアンマンになるというチャレンジを、自分に課したことで、いわゆるストレッチ目標を達成するために必要なメカニズムみたいなものに触れることが出来たように思う。

 

そのような背景から、OKRの哲学であるワクワクする目標を設定することや、チーム員との会話、フィードバック、承認というCFRによる継続の仕組みが、自分を強く動機づけさせ、軌道修正を繰り返し、限界を突破する機会に、多々巡り会えたことを、思い出す。

 

加えて、大沢 武志 先生の心理学的経営と合わせて、読み進めてみると、OKRの仕組みが、人間の心を付き動かす、素晴らしいメカニズムであるということが、腹に落ちてくる。

 

なすべきことを続けられない個人や法人が、楽しく継続するための仕組み、枠組みとして、OKRの魅力を気づかせてくれた1冊でありました。

 

“”「従業員が次にやるべき仕事をこなせばよかった時代、つまり指示されたとおりに動けばよかった時代には、文化はさほど重要ではなかった。だが今、私たちが身を置くのは、従業員に 次にやるべき正しい仕事 をしてもらわなければならない時代だ。ルールブックを見れば、やってよいことといけないことは書かれている。しかし やるべきこと を見きわめるには、文化が必要だ」””

 

“”2007年、傑出した経営思想家のダヴ・シードマンは名著『人として正しいことを』を発表した。その前提となるのは、組織における人々の行動、あるいは仕事の方法は文化によって決まるという考えだ。オープンソースでハイパー・コネクテッドな 今日 の世界において、企業を特徴づけるのは製品群や市場シェアではなく、その行動だ。最近会ったとき、ダヴは私にこう言った。「他者にまねされたり、コモディティ化しないのは文化だけだ」と。  ダヴの核となる主張は、競合に「行動で勝る」企業は成果でも勝る、というものだ。そのバリュー・ドリブン(価値観主導) の経営モデルを「自己統治組織」と名づけた。そこでは長年受け継がれてきた価値観が、次の四半期の投資利益率(ROI)よりも重みを持つ。自己統治組織は単に社員のやる気を引き出すのではない。 火をつける のだ。そこにあるのはルールではなく、共有された原則だ。””

 

 

仕事をプロジェクト化する、作品化する世界~外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント~

 

 

2019年の書籍を纏めていて、何か共通項がないものか、点を線に繋ぐように、色々な角度から、世界を眺めていましたところ、仕事の遊び化、仕事のプロジェクト化という1つの線を引くことが出来ました。

 

AI時代生き残れるのは「変化を楽しめる」人。2030年に必要なスキルの1位は。オズボーン・オックスフォード大教授インタビュー

“”今後、最も必要とされるスキルは、「戦略的学習力」です。言い換えるなら、「自ら学び続ける能力」です。この時代において、死ぬまで学び続けることが必須になるのは自然な流れだと思います。その他にも、創造性や社会性、協調性といったスキルも重要になってくるでしょう。””

 

 

複数のテクノロジーの進化が、同時多発的、指数関数的に、世界を変革させていく、非常に不確実性が世界において、学習し続ける能力こそが、最も重要度が高いと、何度も、警鐘が鳴らされていますね。

 

しかしながら、言うは易く行うは難しでありまして、なかなか学び続ける能力というのは、得難いもので、人間は、怠惰で、続けることがとても苦手な生き物であるな、と。

 

僕が思うに、今日時点では、まだまだ、多くの人達は、お金のために働き続けることになりそうなので、その仕事そのものを、遊び化、プロジェクト化することで、学習し続ける能力も同時に鍛えていければ良いのではないかと考えます。

 

“”プロジェクトマネジメント型の仕事では、仕事そのものが自分の作品になります。「社会彫刻」という概念を提唱して、世の中の人はすべてアーティストであるべきだと主張したのは現代芸術家のヨーゼフ・ボイスですが、仕事という作品を通じて社会と関わりを持てるアーティストになり得るのです。””

 

 

仕事を1つのプロジェクトだと捉え、そのプロジェクトを自分の作品だと考えることが出来れば、仕事に対する関わり方も変わると思うんですね。

 

より遠い将来を見据えてみますと、たとえば、世の中にある多くの仕事がロボットに取って代わられ、働かなくても十分に人生を生き抜くことが出来たとしても、仕事そのものを、作品化することや、遊び化することで、自分の人生を、より豊かに過ごすことが出来ると思うんですよね。