kumoshun のすべての投稿

「自分が見えている世界は不完全なもの」という認識を持つ

 

 

 

 

ディレクター領域メンバー全員で施行している
「Personal Report」という、いわゆる日報的なものがあるのだが、

日に日に、全体的に、記載が減っているどころか、
一部のメンバーが、全く記載していないということに、昨日、改めて気付いた。

(ある程度、把握していましたが、定量化していたものを見て驚愕とした、という意味。)

 

皮肉にも、昨日、みんなに発信していた僕からのメッセージは、、

「決めたらやり切る、やり続ける」だった。
だが、なんとも、独善的、独り善がりに、過ごしているものだ、と猛省した。

 

自分が責任を持っている事業のメンバーが、

決めたことをやり切れず、やり続けていない、
ということが、明白な状態にあるにも関わらず、
のうのうと、講釈を垂れていたようなものだ。

 

先日、そんなメンバー達に、こんな宣言をしていた。

『考えを改め、「周りからの話を聴く」、ということに、
時間を使っていきたいと思います。宜しくお願いします。』

宣言の通り、

何歳になっても、どんな立場になっても、

自分が見えている世界は不完全で、

自分が見えているものだけで世界を観ず、

常に周りの人達の視点、視座を拝借しながら、世界を観ていこうと誓った。

 

改めて、素直に、謙虚に、真摯に、生きていきたい。

 

 

アクションピラミッドの原則

 

 

 

大学生の時、

ありがちだけど、野心的なことに憧れて、
自分の目の前に無いものを追いかけ続けていた。
色々な凄い人たちと出会って、自分が偉いヤツだと勘違いしていた。

 

色々なところに集まって、

こんな話を聞くことが増えて、こんな話をすることが増えた。

本当に成功したいなら、普通じゃないことしなきゃダメだよ」、と。

例えばね、ある、自分が、尊敬しちゃうような人に、
「こんな本と出会ったことで、人生が変わったよ」、と言っている。

さて、その本を、実際に読む人って、どれくらい、いるだろう?
10名中、多くても、1名、2名くらいかなぁ、どんな仲間がいるかによって違うけどね。

そして、その本を読んで、実際に、行動する人って、どれくらい、いるだろう?
10名中、1名、2名いたら、良い方じゃないかな。

さらに、その行動を続けている人って、どれくらい、いるだろう?
10名中、1名、2名、、、いないよね。

ずっと、続けられる人なんて、10名に1名いない、いない。

つまり、世の中の構造って、こんな感じに出来ているってこと
頭では分かるよね?

でも、いざ、自分が、最後の最後まで、やり続けられている人間かどうか、
と問われれば、返答に困ることは間違いない。

この構造を概算で定量化すると、
尊敬する凄い人に良書を勧められた人間、1000名のうち、100~200名が本を読む。
本を読んだ人間、100~200名のうち、10~40名が、実際に行動する。
実際に行動した人間、10~40名のうち、1~8名が、実際に行動し続ける。
※各レイヤーごとに10%~20%がネクストアクションにシフトした場合

こんなことを思い出しながら、自分に対して、呟いてしまった。

そうだった。

僕が、僕らが目指していることは、
普通じゃないことだった。

誰もが思い描ける未来のために生きてるんじゃない、
当たり前のことを続けていただけでは、
成し遂げることの出来ないことをやりたいんだ。

まさに、ブレークスルーしたいってことだったんだ。

そんな普通じゃない事を実現したいんだったら、
普通じゃないことを、やり続けなきゃいけないってことを思い出した。

普通じゃない成果を出すためには、普通じゃない事をやり続けなきゃいけない。

やったろうじゃないか。

 

参考図書

自分の答えの作り方

繰り返してはならない5つの伝言ゲーム

 

 

 

多かれ少なかれ、
社会人として、ビジネスに関係する、ほとんどの人達は、
自分が担当する会社や事業の業績を報告する義務を持っている
または、あるサイトの、とある特集の担当者で、結果を報告する必要があったりする

報告をする側の経験も、
報告を受ける側の経験もした上で、
改めて、このレポートは無いな、と思うことが多々あるので、
まとめておきたい。

1,数字が羅列されているだけ
2,何が言いたいか分からない
3,実は自分の意見ではない
4,次のアクションが見えない
5,相手の立場を考えていない

はっきり言って、
究極的には愛が無いのではないか、と思う。
違う言い方をすれば、思いやりが無い。
自分を客観的に見ることが出来ないから、いつまでも、こんなアホなレポートしか出来ない。

1,数字が羅列されているだけ

レポートを見てくれる人が、
事業やサービスの隅々まで把握している人という前提で、
報告するのは、大きな間違いだ。

 

2,何が言いたいか分からない

何のためのレポートなのか、全く分かっていない。
レポートを受け取る意味、この時間を創っている意味を考えなければならない。

 

3,実は自分の意見ではない

このデータから、どうして、そのような意見を考えたのか質問してみると、答えに詰まる輩がいる。
掘り下げてみると、自分がまとめたものではないという。
とんでもない言い訳である。
自分が考えたわけでなくても、自分が考えたかのように、振る舞わなくてはならない。
それがレポートする者の責務である。

 

4,次のアクションが見えない

データから見て取れるものを、しっかり、分かりやすくサマライズしている。
ところが、そこで満足してしまっている惜しいレポートが、世の中に、いかに多いことか。
この数字から、結果、次にどんな行動をなすべきなのか。
アクション無きところに変化は無い。
必ず、次のステップを構想してみたいものだ。

5,相手の立場を考えていない

非常に分かりやすく、まとめられていて、
本当に、納得感のある分析と結果、加えて、次の行動まで示唆したレポートがある。
しかし、あと一歩、もう一歩、そのレポートを見ている人にとって、何が必要なのか、
自分の視点からだけではなく、相手の視点で考えてみただろうか?
レポートを受け取る側の立場になって、そのレポートを仕上げてみるべし。

本当に、仕事が出来るなあ、と感心する場面は、
実は、頭の良し悪しよりも、愛があるかどうか、思いやりがあるかどうか、ということの方が重要だったりする。

改めて、心がけていこう。

何者でもない自分を何者かにする方法

 

 

 

 

ある時点で、何者でもない人が偉そうなことを書いても全く相手にされない状態がある。

 

それでも、その時点で何者でもない人が、何者かになるためには、何者かであるかのように振る舞い続ける以外にない。
何者かになった幾人の人達は、同じようなことを語ってくれるわけだが、
結局、その内容は、基本的には、何者かになった後に目にすることがほとんどで、
何者かになった人の語っていたものとして受け取られていることになる。

 

世の中のほとんどの人達は、何者かになる前に、
何者でもない自分が、何者かのように振る舞い続けることは出来ない。
100人のうち99人以上は、何者でもない自分を、
信じ続けることが出来ず、何者でもない自分のままの自分を受け入れていく。
すでに著名になったような人達のブログ、コラム、メルマガ、インタビュー、書籍など、
様々なチャネルで、様々な情報に触れるものの、
実際には、そちら側に回る人と、こちら側のままでいる人との差は、
ほとんどの場合、「実行」しているか否かではないかと思う。
つまり、「実行」を「続ける」ことが出来たかどうかということになる。
33歳の僕は、今更ながら、「続ける」ことに固執している。
誰にでも出来る当たり前のことを、誰にもできないくらいに徹底してやろうと決めている。
所詮は、言葉の遊びであって、誰と比較するかによって、
「当たり前」という基準さえ、「当たり前」ではなくなってくる。
ただ、夢ばかり大きく、理想を語り続けてきた今までの人生は、
決して、順風満帆なものではなく、むしろ、20代前半に、思い描いていたようなステージに、
全く辿りつけていない、自分の有り様を疑うしか無いような状況にあると思っている。
しかしながら、それが功を奏したと言うことも出来る。
自分が考えていること、自分が信じていることなんて、
どれだけ間違っていることなのか、と前向きに自分を疑うことが出来る。
つまり、素直に、謙虚に、周囲の様々なことから学ぼうと思うことが出来ている。
もちろん、あらゆるものに迎合しようという意味ではない、
自分らしさ、自分の信念を大切にしながらも、
自分が思い描く未来を実現するために、
昨日より今日、今日より明日のスタンスで、向き合っていこうという話である。
33歳の自分が、5年後、10年後に、
何者かであるために、僕は、繰り返し、繰り返し、
理想に向かって、挑戦し続けようと思っている。
失敗することを恐れず、
何事にも立ち向かい、学び、次に繋げようと思っている。
何者でもない自分を何者かにするためには、
なりたい自分を描き続け、決してあきらめず、「実行」を「続ける」
そして、「学び」、次に繋げていくべきだろう。
人生を楽しもう。

幸はきっと願うでも叶えるでも無く気がつけばそこにあるもの?

 

 

 

 

『そもそも、幸せって何なんだい?』

一つ屋根の下のあんちゃんが語りそうなセリフ。

幸せの形は、人それぞれですが、

明らかに、あの人は幸せそうだよね!っていう人、いませんか?
私達は、ほとんど例外なく、誰もが幸せになりたい、幸せでありたいと願っているはずですが、

どれだけの人が、幸せになるために、準備をしているのでしょうか。

不思議なことに、確かに、「幸せ」とは、とても曖昧なもので、

お金を稼ぐために「貯金」するとか、

フルマラソンを感想するために、「練習」する、みたいな、

目標と準備の関係性を明確に創り出せていないことが、ほとんどだと思います。

 

しかしながら、現代において、「幸せ」になるためには、どうすれば良いか?

ということを、真剣に学問として、科学している人達がいます。

ペンシルバニア大学や、ハーバード大学では、非常に著名な授業となっている、

「ポジティブ心理学」が、その代表例で、様々な研究結果によれば、幸せとはスキルが如く扱われています。

私達は、「幸せ」になるために、「幸せ」をより感じやすくなるために、「スキル」を磨くことが出来るというのです。

 

幸せはスキル!幸せだから成功できる

2014年2月17日

「がんばることで成功でき、成功することで幸福になれる」は間違い

多くの人は、思い通りの人生になった時、幸せが得られると思っています。でも、本当のところ、幸せは、人生が思い通りにならない困難な状況に直面した時に、大騒ぎすることなく人生を導くことのできるスキルです。待っていても、採りにいっても、幸せは、外にはありません。幸せは、私たちの中にあるのですから。

 

例えば、上記のように、『「幸せ」になるために、成功したい』、という考え方が、一般的だとは思いますが、

実際には、一般的成功を収めた方々の「幸福度」は、思いの外、高いわけではない、という研究結果が出ています。

改めて、「幸せ」というものに向き合い、

どうすれば「幸せ」を感じやすくなるのか、これからも研究していきたいと思います。