kumoshun のすべての投稿

責任の所在

 

ある仕事に成果が出なかった
もしくは明らかにミスが発生した

その状態を悔やみ、
次こそは!と、
命懸けで改善に取り組む人間がいるか⁉

もし、いなければ、
それは責任の所在が不明確だ

今すぐに、責任者を立て、
代わりに、
成果を出したら徹底的に祝おう

決めること

 

何かをしようとするときは、三度考える

 

頭の中で、三度、シュミレーションする

 

それをやると、

 

どのような良いことがあるのか

 

どのような悪いことがあるのか

 

やらなかったらどうなるのか

 

それらを比較した上で、決める、決断する

 

そして、決断した後、迷わない

 

信ずるところに向かって突き進む

 

卑近な例を出せば、

 

朝型の生活に変えること

 

煙草を辞めること

 

運動を始めること

 

この1ヶ月以内に、これらを成すことを決め、習慣化されているのは、決断の理由が明確だからである

 

また、同様に、常に改善することを、心に決めた、

 

『毎週、必ず、誰が聞いても、簡単に納得することが出来る改善事項を創り続けること』

 

これを人生の習慣にすることを、決断した

 

死ぬまで続けます

違和感の正体 ~手段ではなく。~

 

理想が共有できていれば、細かいことに拘らずに、合意することが出来る。

 

これが、違和感の正体だったことは、

昨日は、気付くことが出来なかった。

 

誰もが、経験したことがあるであろう、この『違和感』

 

ん?

 

何か、おかしい。

伝えたいことが伝わっていない。

いや、相手は、伝わっていると言っている。

 

確かに、相手は、僕(自分)が発した言葉を、なぞる。

 

しかし、腑に落ちない。

違和感が残る。

 

どうなりたいのか。

どうしたいのか。

 

一見、同じような問いに見えるけれど、

大事にしなければならないことがある。

 

それは、

『I want to do』 と 『I want to be』 の差。

 

『どうしたいか』は、やり方の問題だから、任せる。

 

でも、『どうありたいか』は、

最も根源的な問題なので、

共通認識を持っていなければ、

とことん向き合わなければならない。

 

もう一度、向き合っていこう。

 

『常にワクワク』

月曜朝一の緊張感と、とびっきりの笑顔

 

最高のコンディションで、朝を迎えよう!、というマイクレドは、

ここ数ヶ月で、完全に定着してきているのだけど、月曜朝一は、特段、その重要性を感じる。

 

今週1週間、迷わず、決めたことをやりきれるかどうか、

どんな障害が発生しても、

成果を出すために、ブレずに、実行できる用意は出来ているかどうか、

土日でイメージした、理想的な1週間を過ごすために、全身が研ぎ澄まされている、

そういう緊張感が、気持ち良くもある。

 

他方で、誰彼のテンションに構わず、相手の目を見て、気持ちの良い挨拶をする。

みんなの懐に飛び込み、ポジティブなエネルギーと楽天的志向を、

みんなに吹き込もうと、躍起になる。

 

僕達は、やれるんだ!という想いを、喚起すると共に、

お客さんに満足してもらうことが、

僕らの仕事、人生を、刺激的なものにするんだ!ということを改めて共有する。

 

仕事そのものを楽しみ、

お客さんに求められること、お客さんに楽しんでもらうことを、

生き甲斐に出来るメンバーが溢れる職場、

そんな仲間達と過ごすことは、やっぱり気持ちがいい。

 

面白くないと思っている人が、面白いと思える職場を創ろう。

 

常に自ら。

週1チェック!

 

『常に改善』を、体言すべく、週ごとに明確な目標を設定し、

今週は、事業にどんな影響を与えられたか?と問い続ける、

『週1チェック』を、実行することとした。

 

そして、今週は、『サービス領域』で、

顧客創造に貢献するためには、どのようなことにリソースを集中すべきか、

をイシューに、2つのプロジェクトを始動することに決めました。

 

目的は、

(1) 顧客の期待を超えるサービスを創造し、定着率向上に貢献すること、

(2) 顧客の不満、不安、不快、不信など、

徹底的に『不』のつく問題を取り除き続け、離脱率低下防止に貢献すること

 

来週、どのような、『改善』を創り上げることが出来るのか、

明確に『成果』を言語化できるよう、徹底的に、『実行』していく。