性的少数者、差別解消に法整備を 当事者、国会議員が意見交換


 

性的少数者、差別解消に法整備を
当事者、国会議員が意見交換

https://this.kiji.is/212477829108352502?c=113147194022725109

 

マイノリティであると自覚している人たち自身が、生き辛いとする社会変革の声を、出来る限り、尊重していきたい。

 

以下、Wikipediaより抜粋。

身体障害や精神障害などといった障碍をもつ人々も、トランスジェンダー同様、全人口に対する割合からすれば「少数」であるが、障碍を持つ人々を「少数者」と称することは海外は勿論、日本国内に於いてもほとんどみられない。したがって「少数者」という表現には社会的排除や見えない差別的ニュアンスが含まれることがある。実際、LGBTの問題を扱ったジョグジャカルタ原則の前文において、異性に性的指向を持つ者や特に性自認が身体的性別と一致している者が圧倒的多数であるにも拘わらず、その前文では、性的指向の定義に関して敢えて、「異性や同性、両性(二つ以上の性)に対する」と表現している。また性自認の定義に関して、「出生時の身体的性別に対応することもあればしないこともある」と表現している。
これは真にいわゆるLGBTを「少数者」として社会的に排除することなく、他の人間と同様に尊厳や権利を保障され、社会的に受容される正当性と必要性によるものである。ちなみに今日海外において、LGBTをMinority(少数者)と称することはほとんどなく、特に国際連合等の公文書においては全く用いられない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E7%9A%84%E5%B0%91%E6%95%B0%E8%80%85


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *