今の日本は40年遅れている?福祉国家スウェーデンの保育園事情


 

今の日本は40年遅れている?福祉国家スウェーデンの保育園事情

 

福祉国家
福祉国家

 

Taro’s Notes
福祉国家先進国から学べることは多い。
自国のとっても古いかもしれないことに引き摺られず、1つ1つ、着実に、成長していこうじゃないか!

 

 

【抜粋】

日本では近年、女性の社会進出が叫ばれて久しいですね。けれど、子どものいる、もしくは将来子どもを産みたい女性が安心して働ける環境が整っているかと問われれば、残念ながらノーと言わざるを得ないというのが現状です。

実際、保育園に子どもを入れられず、産後に退職した女性も少なくありません。

待機児童はなかなか減らず、民間の託児所の数は増えても、逆に保育の質の格差が問題になっているとも聞きます。

スウェーデンでは今年、認定保育園ができて40年だそうです。北欧諸国の福祉の厚さについてはよく耳にしますが、スウェーデンの認定保育園が日本とどこがどう違うのか、1970年代からスウェーデンに住む高見幸子さんに詳しくお話を伺いました。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *