Googleが自社で使っている「クラウド機械学習」を一般に開放、こんなスゴイことが簡単にできる


 

 

Googleが自社で使っている「クラウド機械学習」を一般に開放、こんなスゴイことが簡単にできる

 

Taro’s notes
過去の延長線上で答えを導ける時代ではなくなる。
幾何学的な学習モデルが発明されたことによって、
今まで不可能のように考えられていたことや、
今まで考えようとさえしなかった様々な分野の問題に光が照らされ、
新たな世界が切り拓かれていく。

 

【抜粋】
Googleは自社のサービス開発にクラウド上でMachine Learning(機械学習)を行うクラウド機械学習を活用しています。例えば、Googleの音声検索、Google Nowの提案機能、Googleフォトの画像分類機能、Google翻訳、メールアプリInboxの返信自動生成機能などがクラウド機械学習によって開発されています。このGoogleのサービスを支えるクラウド機械学習機能を、「Cloud Machine Learning」として、一般ユーザーが利用できることになりました。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *