Category Archives: BOOKS I’M READING

当たり前の再定義。『ガーバー流 社長が会社にいなくても回る「仕組み」経営 (中経出版)』を読んで。

「仕組み」を創った方が良いなんて、誰だって分かってる。 すでに十分、仕組みを作っているよ。マニュアル創りは、お手の物だ。 そんな風に考えているビジネスマン、経営者は、世の中に山ほどいるだろう。 僕も、ある程度のことは、 それなりに、やってきた「つもり」だった。 しかし、自分が考えていた「仕組み」は、 十分なものでないと、改めて思い知ることになった。 もしかすると、ある程度のレベルの会社を経営している方々にとっては、 この書籍に書かれているような「仕組み」を創ることは、当たり前のことなのかもしれない。 そ→ 続きを読む

実現したいこと、ワクワクすること、理想、仮説が世界を創る。

    本書を読んでいてU理論や全脳思考を思い出しました。出来そうなことを思い描くのではなく、おもいっきりワクワク出来るイメージ(理想)を描き、逆算して、創造するということ。   俗にいう、アントレプレナーにとってのビジョンみたいなものとも近い感覚ですが、本書では、そのような理想、ビジョン、実現したいことを「仮説」と呼び、その「仮説」が世界を創って来たし、これからも創っていくのだ、ということを主題に、佐渡島さんの哲学、思想、スタンス、仕事術などを交えて、語られています。 &→ 続きを読む

本音でぶつかることで新たな視座を手に入れる。

堀江さんの考え方やスタンスには、賛否両論あり、そもそも、凡庸な人間が、堀江さんと同じように振る舞ったところで、やっぱり傍若無人と捉えられるだろう。穿った見方をすれば、堀江さんのような努力、才能ある人間だからこそ、許される、許容されるようなことも多い。 しかし、そんなこと言っていたら、変わらないよ、というのが本書。 堀江さん自身のアイデアというより、世の中に、そういう輩が多く、つまり、本音で生きたいのに生きられていない人が多いので、このような本を書いたら、きっとヒットしますよ!みたいな提案があって生まれたで→ 続きを読む

自分らしく生きていく。シンプルリスト。

  年始と言えば、あれこれ、抱負を考える絶好の機会。2015年は、変化のための礎を築いた1年でした。そして、今年、鼻息荒く、どんな一年にしてやろうか、と思いを巡らせていた三が日。 けっこうな数の書物に触れたのですが、まず第一弾はこちら。     決意したのにやらないこと、やり続けることが出来ないことって、本当に多い。 実際、このやろうとしていて、やり続けられていないことがいかに多いか、気付けるかどうか、ということも簡単ではないのかもしれませんが、気付いた後に、自分の行動を修→ 続きを読む

本を読む人が手にすることが出来るかもしれないもの。

    僕のお年ごろで、僕のような読書習慣を持っている人間が、今更感満載であるが、時折、この手の書籍を手にとってしまう自分がいる。 読書することの意味、意義みたいなものを語ってくれている本書は、タイトルの通り、本を読む人が手に入れることが出来るであろうことを語ってくれている。 藤原和博さんは、校長先生という職業の経験者であることもあって、教育者としての強いメッセージを感じる。 さて、僕の場合は、単純に、読書が好きであるわけだから、まさか、今更、読書習慣があるから、成功できるとか、そん→ 続きを読む