Category Archives: News Curation

自分の脳は騙せる! 医師直伝「ご機嫌脳」のつくり方(dot.)

””「ご機嫌な人というのは、不機嫌な状態が良くないというのを知っている人。自分が安心して気を許している時こそ、甘えが生じて不機嫌になりやすいものです。不機嫌になれば、自分のみならず周囲も不快にさせることを理解して、なるべく不機嫌な時間を減らす努力をすべきでしょう」””   https://dot.asahi.com/wa/2017011900187.html   KS → 当たり前だけど、ご機嫌な人と一緒にいると楽しい。 → 続きを読む

ベトナムFinTechに注目、米政府やシリコンバレーと提携

  ベトナムFinTechに注目、米政府やシリコンバレーと提携   【抜粋】 アジアでは香港、シンガポール、台湾などで盛り上がりを見せているFinTech(フィンテック)。人口9000万人のベトナムでも本格的に火がついているようだ。 2010年にIntelが10億ドル(約1130億9000万円)を投じてホーチミン市に半導体工場を設立したのをきっかけに生まれ変わった。現在1300社のスタートアップ企業がグローバルな成功を目指して活動している。 → 続きを読む

ゴールドマンなどがベトナムFinTechに熱視線

  ゴールドマンなどがベトナムFinTechに熱視線   (写真=PIXTA)   【抜粋】 アジアFinTech(フィンテック)の期待の国として頭角を現しつつあるベトナム。スタートアップ支援プログラム「US 500スタートアップ」による1000万ドル(約11億1390万円)の資金調達に続き、今度は国際2大手銀行、ゴールドマン・サックスとスタンダード・チャータードが「シリーズBラウンド」を通し、モバイル決済会社MOMOに総額2800万ドル(約31億2004万円)を投じること→ 続きを読む

フィンテック投資はアジア・パシフィックで前年比4倍以上–アクセンチュア

  フィンテック投資はアジア・パシフィックで前年比4倍以上–アクセンチュア     【抜粋】 アクセンチュアは11月25日、アジア・パシフィック地域および日本での金融テクノロジ(Fintech:Finance+Technology、フィンテック)投資について、最新の調査結果を発表した。 アジア・パシフィック地域のフィンテック投資は1月から9月の9カ月間で約35億ドルに達し、2014年の約8.8億ドルから急伸している。また、日本でのフィンテック投資も同期間において→ 続きを読む

ベトナムのフィンテック電子マネーMOMO

  ベトナムのフィンテック電子マネーMOMO     【抜粋】 フィンテック電子ウオレットサービスのMomo(オペレーションはM-Service、本社はベトナム、ホーチミン)がStandard Chartered (SCB) 銀行とGoldman Sachs.から28百万ドル=31億円を調達し、注目されています。電子マネーのウオレットサービスMomo(Vietnam-based fintech company Momo )を開始していますが、現在、利用者数が250万人まで増→ 続きを読む